ヘンテコ[5]

本日は登校日。2年生は久しぶりの学校です。ぷち懐かしいんじゃないでしょううか?

新元号「せいぶん」にならないかなーーーー?!

今日のヘンテコ家具はこれです。

おぱんちゅのバスマット(まぁお上品なこと!)

ヘンテコ[4]

昨日はオープンキャンパスでした。いつもどおりに駐車場案内係りです。

しかも、昨日に限って降雨&寒の戻り。白いかっぱ着てたらトンコレ〇の消毒する人!!とか言われる始末

あと、昨日のマイクロソ〇ト社オフィスって書きましたが、グーグルの間違いでした。ここで訂正するとともにお詫び申し上げます。

https://gigazine.net/news/20150119-office-snapshots/

 

さて、気を取り直して、今日ご紹介するのは、昔ながらの電灯です。

白い白熱電球3個の電灯ですが、色のついた電球に取り替えるとア~ラ不思議。UFOぽく見えないですか?

白に比べて確実に部屋は暗くなるという諸刃の剣

 

ヘンテコ[3]

もう新年度の足音がひしひしと。新元号の発表ももうすぐ。

変わった家具ですが、たくさんありすぎて1つ1つていねいに紹介してたら毎日投稿しても1年はかかってしまうので、ざっくりとまとめてにしたいと思います。

今日はコレ

チェストとくちびるソファーです。

目玉がユラユラするのですが、引き出しのとってにもなっております。

この角度から見るとわんちゃんみたい(笑笑

ヘンテコ[2]

へんてこな家具を集めていまして、その紹介です。

今回は「チェスの部屋」です。某マイクロ◎◎◎社のオフィスにも同じものがあるようです。

これ、1つ1つが消火器くらいの大きさなんです(焦

そして、よくあるモノクロのイスなんかを置いてみたり

新入生を迎えるため、学校の方もだんだん忙しくなってきました。

透明家具の部屋

邪悪な部屋

ミラー家具の部屋

カジノ部屋

サッカーワールドカップの部屋

パステルカラーの部屋

教室の部屋

ショウケースの部屋

天使と悪魔の部屋

リラクマの部屋

 

ヘンテコ[1]

最近このブログもくもの巣状態でたまには書かないとと思うんですが。
学校であった出来事なんかも随時掲載していきます。

とりあえず、趣味のページです。趣味の1つにヘンテコな家具集めてまして。数がありすぎて紹介しきれませんが、今回は軽めの第一弾ということで、コレです。

奥歯型のイスです。

下の1980年ごろのサンデーとか懐かしいです(笑)

ちゃんと電気も灯きます。イスとしての耐荷重は80Kgくらいだったかな。隣に写っている三角のは、これもあやしく光るんですが、ピラミッド型空気清浄機だそうです(獏)

歯科衛生士科の先生方、お貸ししますよ~\(^^)/

 

 

かぶちゃんの幼虫

ことしもかぶちゃんの季節ですよー

上の写真見ました?すごくないですか?かぶちゃんの幼虫

リアルかぶちゃんと並べて写真撮ればよかった。それくらい精巧にできています。リアルの幼虫と交換してもらったのですが、いったい(^o^; どうやって折ったんでしょうかね。色も似てるし。。。想像ですが、幼虫ですから1年前の記憶をたよりに折っているんだとおもいますよ。

じゃばらのところとか、足なんか細かいですよー。でも細かさもさりとて、折り紙なので、「行って、返って、ここに来る」とか単純な3次元でもないですし、昔、情報処理学会で折り紙理論の研究発表が盛んに行われていたのを思い出しました(コンピュータに折り紙を折らせようという試みだったんだと思います)

ゆき降りました

北海道では低気圧が停滞して吹雪いているようです。ここ長野でも、、、

 

昨夜から雪降りで、今朝は道が渋滞していました。いつもより早く家を出発しましたが、なんでこんなところで渋滞?ってところもあって、学校へは結局いつも通りの時間に到着しました。

家の前を雪かき。学校でも雪かき。寒い朝なんか、誰だってまだ寝ていたいですよー。でも雪降った寒い朝ほど早起きを強いられます。雪国の宿命ですね。

ICTブログを見てくださった方々ありがとうございました。みなさま、良いお年をお迎えください

くま

寒くなってきました。みなさま風邪などひかぬようお気をつけ下さい。

朝起きたら雪景色。昨日、山のほうは雪が積もりました。当然車のタイヤはすでにスタッドレスタイヤに履き換えてありますが、それでもそうーっと、おそるおそる慎重に運転します。

ということで、くまホイールのお披露目です

中心にあるセンターカバーを留めるボルトがくまちゃんの「おへそ」になってるあたり(にっこり)

補足情報1:リラックマホイールとは別です。まだ入手していません。そちらもいずれ紹介します。お楽しみに

補足情報2:塗装が痛んでいますので、再塗装していたんですが、クリヤ層をヤスリで落とす作業を始めたところで所用により忙しくなってしまい、頓挫しています。来年こそは、ココア色で塗って、お腹は白色にしたいです(妄想)

レク② バドミントン、バレーボール

本日ホワイトリンクを借りて、レクレーション③球技大会がおこなわれました。おつかれさま。ウチら1Aは結果お菓子なしですが、がんばりました。明日は通常授業です。無事に登校できるとよいのですが。。。

バドミントンAリーグ:優勝1D、2位日本語科A、3位1F

バドミントンBリーグ:優勝日本語科E、2位日本語科D、3位2C

バレーボール:優勝1F、2位2D、3位1D

でした。おめでとうございました。ぱちぱちぱち

卒業研究 企画発表会

2年生は卒研漬けの毎日を送っているようです。

本日(10/12(木))4限目に、企画発表会が行われました。卒研を始めて一ヶ月ですね。テーマを決めるのに苦労したみたいですが、ごくろうさまです。うまく(思ったとおり)発表できましたか?

いざ始めてみると問題が生じて、作業が進まなくて困ることもあるでしょう。11月の中間発表、1月のファイナルに向けて力を合わせてがんばってください。

Re: かぶちゃん

以前投稿しましたが、かぶとむし飼ってます。この時期もう卵がかえって幼虫になっていますよ。

でも、親もまだ元気元気。飼育箱の天井のアミに逆さになりながらつかまってたりするくらい元気です。親はだいぶ減りましたが、およそ6匹くらい健在です。背中の傷、分かりますか?この歴戦の勇者ぶり

ハートのきゅうり

今年もいろいろな野菜を栽培してます。

山間地域ですと、若い人は就職のために外へ出て行ってしまいます。でも、中学校に勤務しているときにはその地域のよさを知っていてほしくて授業でその地域ならではの特産品を栽培していました。たとえば、先がとがっていないねずみダイコンとか、西山大豆です。

その流れで、ハート形のきゅうり、ほし形のきゅうり☆は今年も栽培しています。かなり評判がよく、色合いがいいですよね。インスタグラム向き?

販売価格を少し高くして設定しておいても誰か買ってくれませんかねー。定年後はきゅうり職人になろうかとも思っています。あ、肝心のつくり方ですが、それは・・・

 

 

 

 

 

「ハートになあれ❤」とおまじないをかけながら水をあげるだけです。かんたんでしょ?お試しあれ

↓↓下の写真は去年のミニトマトです。こちらはハート形にするのが難しくて、量産は無理そうです。

 

かぶちゃん

4年くらい前からかぶとむしを飼っています。

近所を散歩していたときに、ふと道沿いの木に目をやると、樹液にかぶとむしやら蜂やらカナブンやら大量の虫がたかっているのが見えました。そういえば、子どもの頃家でかぶとむしを飼っていたのを思い出しました。その日は素通りしたのですが、その後、そのムシムシスポットを通るときに覗きこんで何回も観察しているうちに、ちょっとかぶとむしでも飼ってみようかという気になったのが始まりです。

なにせ自然を自然でない形にしてしまうのですから、単にこちらの都合で興味があるからといって飼うのもどうかと思うのです。勝手ですよね。そこで、(守れてませんが)かぶとむしを飼うのに「基本0円」という方針をたてました。その辺にあるものを工夫して、何とかする!拾った落ち葉を腐らせておがくずの量を増やしたり、道に落ちてるりんご、もも他を拾ってきてエサにしたりです。

卵を孵して卵→幼虫→さなぎ→成虫→卵→・・・と、一年中飼育しています。また、どれだけ長生きさせられるかにも毎年挑戦しています。おととしは12月18日まで生きました。もうすこしでクリスマスだったのですが、おしい!最後の方はもうあまり動かなくなっていました。私が考える長生きさせるコツは、

  1. 寒さは最大の敵(小動物用のヒーターで暖かくしてます)
  2. エサは多めに与える
  3. 交尾させない(できれば、1匹ずつ別の空間で飼う)

という感じです。要は、争わないようにのんびりゆったり生活させると長生きするような気がしています。私は3年間仕事をせずに自由に暮らしていたときがあるのですが、実はそのときに急激に老けたので、その点人間にはあてはまらないと思いました。

↑↑あまり見えませんが、大好きなバナナをもらって喜ぶかぶちゃん↑↑20匹以上います

 あと、かぶちゃんがどんなエサが好きかを調べたりもしています。同時に与えて食べ比べさせます。ちなみに、きゅうりは全く食べません。スイカもあまり食べません(むしろ、お腹を壊しちゃうので、与えない方が良さそうです)。では、何が好きかというと一般的にはバナナが有名ですが、もっと好きなのが「ぶどう」です。ぶどう、コレ最強。かぶちゃんの生きる夏とぶどうの季節がかぶらないのであまり知られていないだけで、実はあの甘みと適度な水分量が絶妙みたいで、おしりを丸出しのままぶどうにかぶりついてます。でも、ぶどうは道端にあまり落ちてないですし、結構高いですよね。だから、ぶどうのどの品種が好きかの調査はこれからの課題です。